カラーマネジメント

 カラーマネジメントと言うとDTP業界ではすぐに「ICC プロファイル(色の特性情報)」や「デバイスの特性」といったCMS(Color Management System)の話になりがちですが、それは単に道具の特性の話に過ぎません。料理人が包丁や厨房の自慢を客にしているようなものです。大切なのは味です。いかしてにお客様の希望に色を近づけるかです。
 通常の印刷ではC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(スミ)の4色を掛け合わせて色を表現します。当然、自然界の色で表現できない色や表現し難い色もたくさんあります。また、RGB→CMYKのカラースペース変換も同様で「ICC プロファイル」は近似値を機械的に作っただけです。表現できない色は再現できません。その色のイメージに近づけるだけです。
 そこで大切なのは「商品の特性や売り」「お客様の好み」を理解して色を作る事です。
 例えば食べ物は少しでも「青被り」したら美味しそうに見えませんが、「赤・黄被り」しても美味しそうに見える場合が多いです。
 再現が出来ないのであれば、商品のイメージや顧客のイメージを損なわない方向性に「ズレる」というのも大切な技術なのかもしれません。
 当サイトでは、お客様とのコミュニケーションを大切にし、商品の最終イメージを共有する中で道具を選び経験や知識を生かしてお客様のニーズに応えたいと考えています。

DICカラーチャート DICカラーチップ
DICカラーチャート DICカラーチップ

フォトレタッチ

■色調補正
 当サイトでは 「印刷物の色を実際の商品の色に近づける」といった微妙な調整を要求されるものから、「デジカメの色被りや暗い画像を見映え良くする」というお手軽なものまでお手伝いします。
 また色褪せた写真やポスターを修正したい。印刷の原稿として使いたい。といったお手伝いもいたします。
 WEB画像でも、プライベートな写真でも、印刷原稿に使う画像でも、修正したい画像がありましたら声をかけて下さい。
例えば
・WEB画像修正→HPやブログ・ネットオークション出品に使う画像の見映えを良くしたい、写りの悪い画像を良くしたい等。
・印刷用画像修正→「RGBを印刷用にCMYKにしたら色が変ってしまった」「解像度が低い画像をイメージとして印刷に使いたい」等。
・商品の色調整→チラシやカタログに使う画像データをもっと商品のイメージ近づけたい等。
・ポスターの修正→古くなって色落ちしたポスターの修正等(※修正不能の場合もあります)
 その他にも画像の色を自然な感じで調整してほしいものがありましたらお気軽に声をかけて下さい。

デジカメ画像の修正例
色褪せたポスターの修正例

基本料金 WEB画像 印刷用の画像 商品の色調整
500円(〜999円の注文時) 1点300円〜 1点1,000円〜 1点3,000円〜
※料金の詳細はお問い合わせ下さい。
 また、1,000円未満のご注文には基本料金がかかります。
 1,000円以上のご注文には基本料金がかかりません。

画像の加工
インパクトのある画像で訴求効果を上げたい」「面白い画像をブログに載せたい」など幅広い要望にお答えしたいと思います。
また「シミやシワを取ってお見合い写真や履歴書の写真を見映え良くしたい」「古い写真や破損した写真の修復をして欲しい」など様々な画像加工のご要望をお待ちしています。

元の画像(切抜合成・色換え)
元画像
←左(色換え)  右(切抜き合成)→
色替え・合成

顔のレタッチ例
レタッチ例

基本料金 切抜き 色換え 合成
500円(〜999円の注文時) 1点200円〜 1点1,000円〜 1点1,500円〜
基本料金 証明写真修正 破損写真の修復
500円(〜999円の注文時) 1点500円〜 1点3,000円〜
※各種災害で被災された方の写真修復は無料です。
※料金表に無い加工も行いますのでお問い合わせ下さい。
 また、1,000円未満のご注文には基本料金がかかります。
 1,000円以上のご注文には基本料金がかかりません。

■その他のフォトレタッチ
「三毛猫を黒猫にする」「アイコラ風に合成して普段着れない服を着てみる」などの遊びやイタズラのような面白い画像加工も常識の範囲でのご要望をお待ちしています。